ブログ

カスタムシザー紹介 リングの凹み加工    2018.09.20

EJBS3962.JPG

オオカワシザーの中でもご愛用者の多いKハンドルのカスタム事例をご紹介します。
オーダーをいただいた美容師の方も長年Kハンドルをご愛用いただいていますが、今回ご自身でカット時の手の動きを詳しく研究され、さらに使いやすいオリジナルのKハンドルを作りたいとご要望をいただきました。


カスタム内容としては写真でもお分かりいただけるようにリング部分の何か所かを凹ませました。
写真では表しか映してませんが、裏も結構やっています。


もちろん、やみくもに凹ませているわけではなく、お打合せさせていただいた際に実際の手の動きをひとつひとつ確認しリングが窮屈に感じる部分を油性ペンでマーキングしその部分を削っていきました。


半製品の状態で何度が確認していただきながら約3か月の期間を経て完成しました。
ブレードは微粒子粉末ハイスSGを採用し、5.5インチのメガネタイプでのオーダーです。



写真はシザー表面がシルバーの状態ですが、さらにここからDLCブラックコーティングを施して納品しました。


使っていただいた感想もすごく良かったみたいなので弊社の次回ハンドルの開発にも参考にさせていただきたいと思っています。




« 前のページへ || 次のページへ »