メンテナンスサービス  meintenance
ご自身で出来るセルフメンテナンス方法

末永くご愛用していくために、ここでは普段ご自身で出来る日常のお手入れ方法をご説明いたします。
難しく考えてしまいがちなメンテナンスですが、手順が分かれば簡単なことばかり。
慣れてくると2~3分程でできてしまう気軽なお手入れですが、シザーの持ちが数年変わってきます。
最初は手を切らないよう十分注意し、ゆっくり行ってください。

ステップ1 クリーニング
メンテナンスのはじめの一歩は、簡単なお掃除。
付着した残り毛や水、パーマ液をきれいに取り除きましょう。
クリーニング 1ティッシュやセーム革を使って付着した残り毛や水分、パーマ液を拭き取ります。
クリーニング 2こびりついて拭き取れないときは、熱いお湯で洗い流します。ネジ下に溜まった残り毛は刃を開いた状態できれいに洗い流します。(お湯を使うのは汚れを落ちやすくするのと、蒸発することでシザーに水分を残しにくくするためです。)
クリーニング 3水分を丁寧に拭き取り、Step2のオイルの補給に入ります。

ステップ2 オイルの補給
精密構造の理美容シザーズには防錆、潤滑、耐摩耗に優れる専用オイルをお使いください。
人に触れることもあるハサミには人体に無害で無臭な安全性の高いOKAWAのプロシザーズオイルをお勧めします。
プロシザーズオイルご購入はこちら
オイルの補給 1ハサミの刃を開いた状態で触点・ネジ下にオイルを1~2滴注します。オイルは乾いた状態にならないよう、乾く前に注すようにしてください。
オイルの補給 2ネジ部には1滴、刃の裏側にある裏スキ部分に数滴注します。ハサミをひっくり返してもう片方の刃の同じ部分にも同様にオイルを注してください。
オイルの補給 3最後に全体にオイルが行き渡るように、きれいなティッシュや布でまんべんなく塗っていきます。余分なオイルがあれば全て取り除かない様に拭き取ります。

ステップ3 刃を拭く
カットをすると刃の先端部分には返り刃が出ます。ハサミをいつも切味の良い状態に保つためには、
この返り刃をこまめに拭き取ることが大切です。
オイルの補給 1きれいなセーム革を用意します。汚れたセーム革を使うとハサミに細かなキズをつける恐れがあるので必ずきれいなものをお使いください。
オイルの補給 2指を切らないようセーム革を2、3枚に重ね折り、親指と人差し指で刃の先端をつまみ、セーム革を持っている手を台の上にしっかりと固定します。
オイルの補給 3ハサミをゆっくりと引いていき、刃元から刃先に向かって刃を拭きます。このとき、セーム革でつまんでいる親指を刃の方に軽く押し当てるようにして滑らせるのがポイントです。(指を切らないよう十分注意しながらゆっくり行ってください)数回繰り返したら、もう片方の刃も同じように繰り返します。

〈セニングの場合〉
*セニングはクシ刃と棒刃があります。棒刃はカットシザー同様に行ってください。
オイルの補給 1クシ刃はクシの先端部分を親指と人差し指でつまみ、クシ目に沿って引っ張るようにして拭き取ります。(刃元のクシ刃から始めて…順番に先端まで。)
オイルの補給 2残り毛がクシとクシの間に入ってしまい除去しずらい場合は、歯ブラシを使って、熱いお湯で洗い流しながら取り除くと簡単です。
オイルの補給 3残った水分はよくティッシュや布で拭き取り、最後にオイルを注します。

INDEX
maintenance top シザーの 4つのダメージ要因 OKAWAによるプロメンテンス シザーメンテ・トラブル対処法 こんな時どうする?