メンテナンスサービス  meintenance
OKAWAによるプロメンテナンス

普段行うセルフメンテナンスは大切ですが、ご自身ではどうしようもない状態になったら
プロである私たちにメンテナンスをお任せください。
お預かりしたその場で簡易的なメンテナンスは行わず、必ず自社工房にて1丁1丁詳しく点検をし、
製品造りと全く同じ工程を踏んで、新品時同様の切味に再正いたします。

点検 イメージ
Step1 点検
OKAWAにお届けいただくすべてのシザーはまず最初に細かく状態を点検してからメンテナンスに取り掛かります。シザーの用途や鋼材の違い、スタイリストのカットの癖などを長年の経験で見分けながら最適な方法での修理を選んでいきます。
*通常のメンテナンス以外に必要な処置が必要な場合は、お客様へ直接ご相談させていただく場合もございます。
↓
点検 イメージ
Step2 クリーニング
付着した汚れやパーマ液などはそのままにしておくとサビや故障の原因になります。パーツ1つ1つを分解してご自分では出来ない箇所の汚れも丁寧に落としていきます。
また、OKAWA製品の部品の交換が必要な場合はその都度新しく交換します。(カスタムや一部有償になる場合があります。)
↓
調整 イメージ
Step3 調整
メーカーメンテナンスだからこそできる、ミクロンレベルでの叩き調整。落下などの衝撃だけでなく、様々な要因によって刃には微妙な歪みが起こります。歪みを直さずそのままにし、刃だけ研いでもかみ合わせが悪く、すぐ切れなくなってしまいます。
OKAWAのメンテナンスではこの重要な叩き調整を例外なくすべてのシザーに行っています。全行程の中でも最も時間をかけ、新品時と同じ状態まで刃の歪みを丹念に叩いて矯正しますので、何度研いでも新品時の軽やかな切味が実現できるのです。
↓
研ぎ イメージ
Step4 研ぎ
硬い刃を繊細に研くためには非常に硬度の高いダイヤモンド砥石が必要不可欠です。これをシザーの状態によって数種類を使い分け、鋭い刃をつけていきます。
グラインダーなどの機械を使い、刃を一気に削り落としていけば研ぎは簡単ですが、OKAWAは絶対その様なことはしません。ミクロンレベルの研ぎ量を調節して刃の減らしを極限まで抑え研いでいきます。刃の表と裏の両方から繊細に研ぐことで、最小限の研磨で鋭く刃つけをすることが可能なのです。
*OKAWAのメーカーメンテナンスのみの場合で、通常20~30回研ぐことが可能です。
↓
刃付け イメージ
Step5 刃付け
良い切味を生み出すには正確な角度での刃付けが欠かせません。
刃角度が1度変わるだけでも切味は大きく変化します。
OKAWAではどんなに熟練した職人でも手感覚だけで刃角度を決めることはありません。精密な角度調節でシザーの用途や種類に合わせた刃付けが行えます。
↓
品質チェック イメージ
Step6 品質チェック
最後に自社で定める数十項目の厳しい品質チェックを行います。製品造りと同様に製造責任者の手によって1丁ずつ厳格にチェックし、お客様のもとへシザーをお届けします。
↓ Step4 研ぎ
OKAWAプロメンテナンスにご満足いただけなかった場合、受け渡しから7日以内であれば、
全て無償処理させていただきます。(お客様による損傷の場合を除く)

OKAWAメンテナンスサービスをご依頼いただいているお客様の声
砂原 由弥様UMiTOS/海と砂原美容室代表
砂原 由弥

OKAWAのシザーは何度研ぎに出しても老朽化することがなく、長くシザーを使い続けることができます。常に同じコンディションで仕事に取り組みたいので定期的にメンテナンスに出すようにしていますがいつも素晴らしい切味に戻って帰ってきますので安心して任せています。

武田 敦様BLESS代表
武田 敦

僕は、少しでも切れが悪くなると気になってしまうのですが、OKAWAのシザーは素材の良さか、非常に長切れします。
研ぎの対応の際に、非常に細かく要望を聞いてもらい、それに対応してくれて助かっています。

INDEX
maintenance top シザーの 4つのダメージ要因 ご自身で出来る セルフメンテナンス方法 シザーメンテ・トラブル対処法 こんな時どうする?